インフルB

何年ぶりかに、流行にのりました。

急な発熱から、日々カラダの声を聞くだけの時間を過ごしていました。
発熱と言っても、
37℃〜は頭痛
38℃〜は悪寒
39℃〜は関節の痛み
今回、初日は39.4までいきました。
すぐに最寄りの医者へ行き、「インフルエンザB型」と診断され
処方された薬を飲んでおとなしくしておりました。

そして気づく大事な事実。

インフルエンザは風邪じゃない。

わかっちゃいるけど、わかっていなかった。
夜と朝、熱は37°後半のまま。
日中は薬の効果もあり36.1°とか。
基本的に体内のウイルスが消えるまでは38.0°がズーと続くのが正常で、
それが続きすぎると体力が持たなくなるから薬で抑えているだけであると。



ちょっと熱が下がってくると、
子供なら遊びたくなるし、大人は仕事したくなる気持ちが分かる。
けれど、その体調良好は薬のまやかし。
体のなかはまだまだ交戦中。
手助けできるのは、水分補給と食料摂取して、
こちらの免疫細胞がウイルス達への攻撃の手をゆるませないこと。
これからインフルエンザかかる人、
かからなくても身の回りでかかった人のお世話をする人、
インフルエンザは風邪じゃない。
ある種の時間薬が必要と覚えておいてください。

そして、お仕事や、fugacityのLIVEも不参加になってしまい
関係者の皆様にもご迷惑をおかけしております。
だいぶ体調は上向きですが、あと2日は外出禁止期間です。
今、楽器を吹いたら、ウイルステロです。
Saxを通して、遠く遠くまで拡散させてしまいそう。

口の周りの筋肉も衰えているでしょうし、
土日ゆっくり時間を掛けてリハビリします。

どうぞ皆様もお気をつけてください。