Finale 25 と Dorico

Finale 25日本語版が2016/11/25リリース。
Dorico(Cubaseの Steinberg社が新発売する譜面ソフト)が2016/11/26リリース


老舗と新規ですが、個人的にはどちらも様子見です。
前者の英語版は2016/6月ごろリリースされて、
最新のMac OS 10.12 Sierra にも対応しているようですが、
日本語版の初期症状は、何かあるのが通例です。
初の64bit化ということで、根本からプログラムを書き直しているのは
英語版のFinaleで何度も告知されてきたことですが
日本語化にあたり、全てがうまくいっている確証はないので。
64bit化による、スピードアップ以外の新機能は

Finaleおよびプラグインが64ビット対応に
カラー処理と画像処理がCoreGraphicsに対応
Human Playbackの処理速度向上
ReWire機能の搭載
Garritanへの音色追加
パーカッション楽器タイプの選択肢拡大
大型の拍子記号が簡単に作成可能に
キーボードとマウスを使った移調楽器の入力が簡便に
点線スラー描画機能の追加
すべての環境設定(Finaleプレファレンスファイル)をリセット可能に
MusicXML互換性の向上
ユーザーマニュアルの改善、visual indexの日本語化
サンプルレート48000Hz以上への対応

・・・大きな変化はなく、ユーザーが利用する裏で動作する部分の改善に
とどまっているように思います。
焦ってVersionUPすることもないでしょう。


一方のDorico(日本では、YAMAHAが取り扱うようです)は
現時点でのネックは3つ。

・Finaleからの乗り換え時に、Finale依存のショートカットキーが使用できるか否か
動作環境がそれなりにリッチ
初回リリース時には間に合っていない機能が複数ある
 (2016年11月26日現在)



今後機能追加予定
Dorico 䛿、世界で最も経験豊かな楽譜作成ソフトウェア開発チームが、ゼロから開発し
た全く新しいアプリケーションです。
Dorio 䛿他䛾楽譜作成ソフトウェアに見られないユニークかつ革新的な機能を数多く備
え、楽譜作成に対するこれまでにない新しいアプローチを皆様にご提示します。しかしな
がら、初回リリース時点で䛿未搭載䛾機能もございます。
今後䛾数ヶ月䛾間に、Dorico 䛿無償アップデートにて多く䛾新機能を追加します。
現在予定されている追加機能䛿以下です。*
▪ コード記号
▪ 番号付き反復小節線(1st, 2nd time / volta)
▪ 指使い
▪ ジャズアーティキュレーション
▪ リズムスラッシュ
▪ 無音程打楽器䛾為䛾より柔軟な記譜
▪ 再生機能䛾向上と他社製バーチャルインストゥルメント対応

コードと、反復小節線が無いのは、ちょっとツライかな、と思います。

というわけで、いづれも様子見ですが
新しい選択肢が増えることは歓迎したいと思います。



コメント