楽器変遷

17歳の時に初めて、自分の楽器として手にしたのは
Selmerのシリーズ2と呼ばれるもの。
彫刻無しのモデルでしたね。
純正のハードケースに入れて持ち歩いていたけれど、
あれ、学ランの高校生が持っていると中々”生意気”な姿です。
当時、自分でも思っていたぐらいだし、
「ろくに演奏力もないくせに、んー、嫌だなぁ」なんて思いながら
持ち歩いていました。
でも、それと同時に、
「この楽器に見合う力、楽器負けしない技術を身につけよう、練習しよう」とも
思っていました。

よく芸能人の人たちが、人に観られる機会が増えると綺麗になる
なんていう話を聞きますが、あれに似ているかも。
そして、一種のブランド力も背中を押した。
やっぱりサックスの世界では、未だにNo1はSelmerだったりします。
これには色々な理由があったりするけれど、とはいえ、ブランドNo1なんです。
高校生の自分は、祖父母と両親のおかげで手にした楽器ではあったけれど
この楽器を大切にしつつ、それでも屈しないように練習をした
極めて真面目な時期を過ごした思い出があります。

そんなSelmerシリーズ2。53万番ぐらいだったな。
今はどれぐらいなんだろ。

このシリーズ
つづく)

コメント