【読了】パリ左岸のピアノ工房

2001年の書籍でした
とある方にお借りして、読みましたが
とても濃密な文章と世界

挿絵や写真は一切なく
翻訳にありがちな、文字も多く、行間も少ない
一件モノトーンな世界なのに
目の前に広がるのは見たこともないけれど、想像力膨らむ
パリ郊外の町と家、そして様々なピアノたち。

この本を読むまで、ピアノとは
”完成された完璧な楽器”ゆえに、大きな差異はない
とまで、思っていました

けれど、違うようです

管楽器と同じく、この世に生きているピアノたちは
どれも一つとして同じではなく、
様々な背景を持って生きている
それぞれの声(voice)を持っている

そんなきらめきを感じることができた今は
これから先出逢うピアノの蓋をそっと開けて
ほんの一音でいいから、触れて彼らの声を聴きたい、
そう思いました

音楽に携わる人にとって
とても素敵な本です