サックスストラップ 原点回帰

高校生の頃は、首が楽なストラップといえばヤマハのこれしかありませんでした



時は流れ、ここ数年は、奥のウッドストーンのような
ブーメラン型の首当て形状が主流になり、
様々な色合いや、パーツがついた商品が市場にあります。

効果のほどは、個々人の感想になりますが
お値段は5千円〜1万超、なかには2万近いのもあります。
楽器をかけるフック部分は、近頃自分で取り替えてカバンのナスカンを利用して
来ましたが、金属疲労を起こして、だんだん磨り減るんですね


これは、そろそろ危ないです

いつもどおり、東急ハンズで特性のひもとナスカンに加工しようかと思ったのですが
思い出したように、ヤマハサックスストラップにしてみるか、と心が動きました。

というのも、近頃ソプラノとの持ち替えも多いので、写真のようなロックが
かかる形状よりも、さっと入れ替えられる形の方が都合がいいこと。

そして、プラスティックならば、金属摩耗もないこと
楽器の鳴りも、金属よりプラの方が明るく鳴りやすいこと
そんな理由での原点回帰です。

ところが、面白い(?)ことに、この商品なかなか見つかりません。
ネットでも買えますが、あえて店頭購入しようと思って探し出したら大変なこと。

様々な楽器店でみましたが、ナイ!
店員さんにきいても

「YAMAHAのサックスストラップですかぁ〜(半笑)」

そんな時代遅れの微笑を受け止めつつも、探すこと、数件。
ようやく最近見つけました。

さっそく首にあてた第一声は・・・
「懐かしい」(笑)

この肌触り、覚えていますよ。
汗をよく吸って、だんだんとクタッとしてくるのですが、
それも味。

今度また見つけたら、予備で買っておきましょうかね。

微笑の微少アイテムでした。