フライヤーの役割

急遽、12/15土曜日のSuite Night Classic Vol.19の
フライヤーミーティングをしました。

今までは、自宅PCとプリンタで印刷したものを
心ばかり配布していましたが、
今回は、頼れる友人にお願いして、ちゃんとした印刷に出そうと思います。

フライヤーの配布自体は11月末になりますし、
演奏会まで、半月しかありません。
集客・告知、という目的では期日が迫りすぎていますが、
今回はそれでもいいのです。

フライヤーの本来の目的。
それは、期日をすぎても、人目に触れる場所に仮に置いてもらうことができれば
「あぁ、こんな活動をしている人がいるのだな」と
周知することができます。

遠位型ミオパチーという病、難病、そしてその状況なんとかしたいと
思って活動しているSuite Night Classicというイベント自体が
12/15土曜日の当日を過ぎても、どこかで足跡が残せればと思っています。



とはいえ、どんなフライヤーができあがるか。
楽しみで、ワクワクしてきました。