変えればいいってもんじゃない

久しぶりにSaxの話題を。

本日、楽器修理のついでに
左手親指(サムレスト)パーツの交換をしてみました。
標準装備のはプラスティックの軽いパーツ。
それをGPの金属製に変更して、試奏。

・・・息がつまります。
pppは吹きやすいけれど、音量・響きの限界点が低くなりました。
気のせいかな?というわけでリードを変更して再度試奏してみても
結果は一緒。

すぐに元に戻してもらって、吹きなおしてみると・・・
よーーー、鳴る (笑)

晴れて元通りです。
高いお金出して、変えればいいってもんじゃない
というお話でした。


メーカー名は伏せていますが、楽器と吹き方による
相性もあるので、その商品がNGというわけではありません。