遊びとルール


第一部クラシック
第二部ジャズ

という異色なピアノリサイタルイベントに行ってきた。

クラシックがある時点で、何人かが居眠りをするのは
予想されていた事態。
案の定、開演10分もすれば舟をこぎ出す人が数名。
ここまでは、まだ予想の範疇。

カップルで来て、映画館と間違えているのか
隣の男の肩に頭を載せる女。
それを咎めることなく許す男。

曲のテンポと関係ないテンポで、イスをきしませるほどリズムを取りまくる人。

超絶技巧のクラシック楽曲のクライマックスで
配布されたパンフをお構いなしに1枚ずつぺらぺらめくりながら読む男。
(それを二席離れた男性が腕を伸ばして咎めて止めさせていた)

すべて僕の席、前方3m以内で起きていたこと。

こういうことを言うと、
「だからかしこまった雰囲気の音楽は困る。好きじゃない。格好つけて肩が凝る」と
言う人もいるかもしれない。
だけど、僕はそう思わない。
どんなことにも、最低限のルールがあるはずだ。

結婚式に新婦以外が、白のドレスを着ていくことはない。
お葬式に赤い小物を持っていくこともない。
着物姿で牛丼チェーン店に入っても良いが、泥酔状態では断られる。
Tシャツ&ジーンズで有名ホテルレストランには入れないかもしれない。

少し前までは、
「おれは客だ。客が金を払っているんだから何をしてもいいだろ」的な
人が居た気がする。
けれど、上であげた3つのパターンは、どうもそれとも違う。

”個の楽しみ”と間違えている気がする。

家で一人でテレビを見ている
家で一人でネットを見ている

そこが公共の場所であり、たくさんの人が集まって一緒に鑑賞するホール
であることを忘れて、演者対自分という関係しか気づけていない、
とまで思う。

ありがちな『責任論』を持ち出せば、教育不足でしかない。
そして、遊び不足だろう。
パーソナル空間になりきれる、PC・ゲーム機・携帯電話など
どんな公共の場所であろうと、自分だけの世界に没頭する人が
増えて、それを黙認する環境が整った。
その反面、落語・スポーツ観戦・Liveなど、
大衆、集団心理が働く場所での遊びの機会が減った。
実際は減ってないのかもしれないが、そこにいてもパーソナル空間に入ること可能になった。

どんな「遊び」にもルールがあるし、必要不可欠だ。
ルールがなければ遊びは成立しない。

3:0 のサッカーゲームで、今からのシュートは一挙5点!

というルールが急にできたらゲームが破綻する。



ジャズであれ、クラシックであれ
ホールコンサート、ライブハウス、野外フェス
音楽にも様々な機会で、触れられる場所がある。
それぞれの場所のそれぞれのルールがある。
知っているものは、それを教え、
知らないものは、素直に吸収する心を持とう。

でなかれば、この国の音楽と、遊び心は破綻してしまう。
もっと、真剣に本気で遊ぼう。