百害あっての”アレ”


昨夜は久しぶりの遠征演奏ということで、三重県は四日市市のとあるBARで
ライブでした。

広さはそこそこ。
ステージと客席はすぐ近くという環境。

近頃の大阪市内のライブハウスやクラブでは
意外にも分煙が進んでいるんです。
ライブをするステージ側ではタバコは吸えないようになっています。
まぁ、それに甘んじていたというか
地方の会場では、一昔前の環境が今も変わらず残っていて
店のマスターをはじめ、お客様でも
くわえタバコ、指先に常時タバコ、吹く、吸う、吹く、吸う。
ヘビー&ヘビースモーカーぞろいです。

窓もない狭い室内なので、どんどん煙っていって
ライブ中にずいぶんと副流煙を吸い込んでしまいました。

管楽器奏者にとって、呼吸は命。
煙を多量に吸い込んで、Flute,Saxともに息が続かなくなり
長いフレーズを吹くのが辛かったぁー

対策を練らねばなりませんな。