楽器ケースを購入

8年ぶりぐらいに、アルトサックスのケースを新調した。 正直、ケースの購入には乗り気ではなかった。 現状のケースが壊れたわけでもないし、 ましてや、ケースというものは音楽的に直接影響があるものではない。 リードやリガチャー、マウスピースといったパーツ類ならば必ず音に影響する。 けれど移動手段であるケースが音に影響することはない、と思い込んでいた、、、自分が甘かった。 ケースを新調しての変化。 其の一 軽い。移動が楽。身体が楽。つまり音に影響する。 軽いのはいい。それだけで身体に影響してしまうものだった 其の二 気持ちが高揚している。 これが意外すぎる理由。 なにせ、新調したケースのデザインがカッコイイ。 しまうのも、持ち運ぶのも気分がイイ! ということは、音楽・演奏に対して前向き&上向きな気持ちでのぞむ。 いやー、盲点でした。 楽器吹きは、ほとんどが移動時間にさかれるので ”移動する手段としてのケース”はとても重要な音楽的要素でした。 いい相棒見つけましたわ。