笑顔

この数週間で感じたこと。

いくつかのライブ演奏を聴きに行ったり、久しぶりの人に会ったり、
ずっと昔から知っていたけれど初めてお会いできた人もいたり。

共通して、自分自身が「あぁ、この人 いいなぁ」と思えるのは笑顔が自然ににじみ出てくる人。
作り笑いのそれではなく、心の底から楽しみきっている幸せな感情が溢れている。
そんな人に眼が向く。

50人前後のオーケストラを聴いて、観ていても耳と眼が向かう先は、
音楽を楽しみ心の底から演奏を楽しんでいる人。
顔を見れば、笑顔。
それは

「ヘラヘラ笑いながら演奏して、情けない」

なんて批判を全く寄せ付けない自然体の顔。
これは、作ろうと思っても作れる類いのものではない。

一方、どんなに素晴らしい音色で、速い指使いをこなしていても
楽しさがみじんも感じられない人もいます。
残念ながら、その人の演奏からは感動は伝わりませんでした。

「あぁ、うまいな。たくさん練習したんだな。」

それ以上は、何も。

ま、何がいいたいかと言うと

「技術はできて当たり前。その上で自分が楽しまないと、本当に伝えたいことも伝わらない」

そして観ていて楽しそうじゃない人には、魅力は感じられない。
どんなお仕事の方でもそうでしょうけど自分自身さらに、楽しむ努力と見え方を研究していきます。


”えーかお”

ずっとみせていたいからね