666

きのうはケーキ屋でのしゃかりきライブ後
昔から行きつけのミナミの店へ。
6周年の記念パーティー。
ここの場合、何年か前から必ずライブセッション大会になるのが
おきまり。
つまり・・・行くからには楽器持参、気持ち持参、心意気持参でないと
跳ねとばされる。
ひさしく、こちらのその手の集まりには顔を出していなかったけれど
前日のレコーディング開眼もあって、単身乗り込む。

ワイワイと楽しむ常連さんの合間をぬって
しばし待機。
自然と集まる顔なじみ。
そろそろいこか、と楽器を持ってスタンバイ。
やはり数年前よりも楽に、気持ちのままに吹くことができるようになっている

昔からの常連が集まる店の中で、今の自分を吹くと言うことは
裸を見せるようなこと。
それが貧弱であればそれまでだし、何かに自信を持っているのであれば
久しぶりに顔を合わせた人に対して、今の自分の生き方を示すことでも
あるので、嘘はつけない演奏になる

そんななか、二曲ばかり合わせた後に、見慣れない顔の人に
話しかけられる。
「お兄ちゃん、その楽器何?」から始まり
同業者でなければわからないような質問を立て続けにしてくる。
後から聞いた話、馬場俊英ツアーのバックバンドで東京から来ていた
山本公樹さんとそのギタリスト、鍵盤プレーヤの三名が
本当に偶然の来店。
これは、何かいいものを聴かせてくれると判断して、すぐさま
楽器を貸してみたら、案の定、いかついセッションスタート!
顔なじみのミュージシャンも入り、東京大阪関係なく、その場に
居合わせてしまった者同士の音楽がずっと続く。

思えば、この店ができた半年後ぐらいにぶらりと
一人入ったのが始まり。
そこから、この店きっかけで、色々な人とも出会った。
この店で楽器を吹いてライブをしてみたいと初めに言ったのも
自分だった。
以来、色々なミュージシャンがこの店にあつまるようになった。
周年セッションもいつから始まった
流れができたら、自分が入るのはおっくうになって
しばらく距離を置いていた
良いことだけではなく、この店で嫌な思いをしたことも
もちろんある。
けれど、それも当然。
色々な時間を経過しながら、この店の風景を見てきたなと思いながら
いつものカウンターから店を見ていた。

偶然、人が集まってしまう店
よいと思う。
6周年 おめでとう

コメント